メニュー

うおのめ、たこ

基本的には同じもので、べたっとしていればたこ(胼胝腫)、小さくて中に向かって尖っているのがうおのめ(鶏眼)と呼ばれます。足の変形や、足に合わない靴が原因の大部分です。

まず、紐靴で足をしっかり固定する履き方をしましょう。シューフィッターと相談して足の形に合った靴を選びたいものです。当座の痛みについては、当院でコーンレデューサーで削るだけでずいぶん楽になります。スピール膏(皮膚をふやかすサリチル酸を含む)を貼って、4-5日毎に削ると、柔らかくて削りやすく、出血もしません。

たこ(胼胝腫):糖尿病の人の皮膚壊死を伴ったたこ

たこ(胼胝腫):糖尿病の人の皮膚壊死を伴ったたこ

糖尿病のある方では壊死を伴ったたこ(写真)ができることがあり、フットケアが大切です。

ウイルス性いぼとうおのめは似ていますが、いぼは削ると点々と出血点が現れますので、区別できます。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME