メニュー

すりむき傷(擦過傷・表皮剥離)

膝などの擦りむき傷や、最近では皮膚が薄く弱くなった高齢の方が、ちょっとした外力で皮膚がずるむけになって来られることが多くなっています。血液をさらさらにする抗凝固薬を飲んでいると、皮膚の深いところで血腫ができて腫れ上がることもあります(写真1)。このような擦りむき傷は最近「スキン・テア(皮膚裂創)」と呼ばれるようになり,看護領域でその予防に力を入れています.

写真1:表皮剥離、高齢者ではちょっとぶつけただけで、皮膚がむけてしまう。

創部をシャワーで洗い、砂利などの異物を取り除き、皮膚がべろっと剥けている場合は、できるだけ元に戻し、非固着性サージカルパッドを貼ります。自宅で毎日創部をシャワーで洗って同じ処置を続けます。創部を適度に湿った環境にしておくのが、早く治す上で大切なことです。やけど、床ずれなども含み、ラップ療法は傷の評価ができない一般の方にはお薦めしません。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME