メニュー

とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひ

とびひ(伝染性膿痂疹)

気温が上がってくると、アトピー性皮膚炎などで皮膚のバリアが弱くなっている子どもにできやすくなります。鼻の穴にいるブドウ球菌が、引っ掻くことでうつり、全身どこへでもびらん、かさぶたが拡大します。まめにシャワーで洗い流し、抗菌外用薬を塗ってその上をガーゼで覆い、菌がいる病変が露出しないようにします。抗菌薬を内服しつつ、湿疹がベースにあるときには、ステロイド外用で湿疹を治すことも大切です。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME