メニュー

先天的なあざ

生まれつきある大きな黒色から褐色の色素性母斑、淡い褐色の扁平母斑(写真1)、頭皮に赤みがかった黄色で、ちょっとでこぼこした脱毛斑になる脂腺母斑(写真2)、思春期頃から眼の周りや頬の片側に、灰色がかった青みを帯びた茶色の色素斑ができる太田母斑(写真3)、イチゴ状血管腫(写真4)、単純性血管腫(ポートワインステイン)(写真5)などの血管腫、などいろいろなあざがあります。すべてを当院で治療できるわけではありませんが、相談いただければ大学病院での経験を生かして、適切な治療方針や経過をお示しして、ご希望の提携先病院へご紹介できます。

写真1:扁平母斑

写真1:扁平母斑

写真2:脂腺母斑

写真2:脂腺母斑

写真3:大田母斑

写真3:大田母斑

写真4:苺状血管腫

写真4:苺状血管腫

写真5:単純性血管腫(ポートワインステイン)

写真5:単純性血管腫(ポートワインステイン)

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME