メニュー

口腔アレルギー症候群、アナフィラキシー

果物を食べると、くちびるやのどがいがらっぽくなったり腫れたりする場合、口腔アレルギー症候群を考えます。また、小麦、甲殻類などを食べた後、運動するとショック状態になる場合は、食物依存性運動誘発性アナフィラキシーの可能性があります。

いずれも問診と、RAST法という血液検査で大まかに原因を推定します。詳細は入院設備のある大学病院などで、皮内テストや運動負荷試験を行って原因を突き止めます。

原因食物を避けることと、ショック症状を生じる方は常時エピペン® を携帯し、症状が出そうになったら直ちに自己注射することで、致命的なアナフィラキシーショックを回避します。当院ではエピペン®が必要と考えられる症状が過去に明らかにあれば、処方いたします。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME