メニュー

帯状疱疹

疱疹帯状

水ぼうそうのウイルスが、脊髄神経の神経根に潜伏していて、疲労時などに再活性化して増殖し、知覚神経を伝って皮膚に達し、小さな水疱が神経の走行に沿って帯状に出てきます。最初、顔や身体、四肢の片側だけがピリピリ痛み、数日して水疱が出てきます。従って最初の神経痛だけの時は診断が難しく、水疱が出て初めて診断されることもよくあります。ただし、1週間以上痛みがあるのに水疱ができない場合は、帯状疱疹以外の原因を考えます。

なるべく早く診断して抗ウイルス薬の内服を開始するのが軽く済ませるために大切なことです。抗ウイルス薬は腎臓から排泄されるため、腎臓が悪い方や、高齢者では内服量を減らさないと、腎不全を起こすことがあります。

皮膚面は非固着性のサージカルパッド(モイスキンパッド®、エスアイエイド®)を当てて保護するだけで十分です。ガーゼは水疱を剥がしてしまうので使わない方が、痛みも軽く、早く治ります。

重症の時は入院の上、抗ウイルス薬の点滴やステロイドの内服を行います。なるべく早く、十分な治療を始めるのが大切です。

痛みは次第に消えていきますが、痛みがつらい期間は個人差が大きく、2週間程度で気にならなくなる方が多いのですが、ご高齢の方では時には数ヶ月、あるいは数年以上続く方もいます。帯状疱疹後神経痛と呼ばれ、神経障害性の痛みとして、プレガバリン、三環系抗うつ薬などを使います。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME