メニュー

湿疹,皮膚炎

かぶれ(接触皮膚炎)(写真1参照)、脂漏性湿疹、皮脂欠乏性皮膚炎(写真2参照)、手荒れ(慢性刺激蓄積性皮膚炎)、おむつかぶれ(失禁関連皮膚障害)、自家感作性皮膚炎などがあり、最もよくある皮膚病です。かぶれがすべてアレルギー性とは限りません。不適切な自己治療、乾燥、脱脂、繰り返し擦ったり掻いたりすることで、どんどん悪化します。職業、趣味、生活習慣(特に入浴)、生活環境などを十分にお聴きし、悪化要因を避けるよう指導します。

その上で病状に見合った強さのステロイド外用薬を塗り、スキンケアとして保湿剤も使います。当院では日本皮膚科学会「接触皮膚炎診療ガイドライン」に則って、治療方針をわかりやすくご説明します。

アレルギー性の接触皮膚炎の原因を調べるのにパッチテストが有用です.当院では「パッチテストパネル®(S)」を用い,ジャパニーズ スタンダード アレルゲンを主体にアレルゲン22種類を一度に調べることができます.患者さんの背中に2枚のパネルを貼り,2日後,3日後に判定します.当院では診療日の都合上,火曜日に貼り,同じ週の木曜日と金曜日に判定します.火曜と水曜は入浴,シャワー,発汗する運動はできません.また,背中に発疹がある場合や,暑い夏は汗で赤くなったりしますので検査はできません.

金属アレルゲンについては,陽性頻度の高いニッケル,クロム,コバルト,金の4種類が調べられます.それ以外の歯科金属等については対応しておりません.

パッチテストは湿疹の原因がわからないからと言ってむやみに行う検査ではありません.検査の前に十分な問診でアレルゲンを推定してから,アレルゲン確定のために行うものです.また,陽性反応が出てもその物質が必ずしも悩んでおられる症状の原因とは限りません.医師と相談の上,検査をお受けください.

 

接触皮膚炎

写真1 接触皮膚炎

画像2 左から 乾皮症、皮脂減少性湿疹、貨幣状湿疹

写真2 左から 乾皮症、皮脂減少性湿疹、貨幣状湿疹

マンゴによるアレルギー性接触皮膚炎

マンゴによるアレルギー性接触皮膚炎

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME