メニュー

爪白癬

爪白癬

写真1:爪白癬

爪白癬(写真1)は爪の先端から白癬菌が入り、爪は白く濁って厚くなり、ボロボロ崩れてきます。シロアリに喰われた木のようです。外用薬では十分な効果が得られず、テルビナフィンという抗真菌薬の内服を6ヵ月間続けます(写真2)。破壊された爪を治すのではなく、白癬菌がそれ以上増えないようにして爪が生え替わるのを待ちます。月1回採血して副作用が出ていないかチェックします。

内服療法の経過

写真2:爪白癬の内服療法の経過

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME