メニュー

第64回人形町アトピーカフェ(zoomによるオンライン開催)2021年4月21日水曜日19:00-21:00➡日時変更4月18日日曜日13:00-16:00(zoomによるオンライン開催)

[2021.03.31]

予定変更でご迷惑をお掛けしますが,いつも通り4月18日日曜日13:00-16:00のzoomでのオンライン開催に変更します.

当院でのデュピクセント注射患者さんは160名を超えました.

中等症以上でこれまで標準治療(ステロイド外用やシクロスポリン内服,紫外線療法など)を6カ月以上続けていても十分な効果が得られていない方が対象です.2週ごとに注射しますが,自己注射の指導を2回行い,翌月,3回目からは処方された注射を自己注射していただきます.注射を自分で打つのは大変勇気がいることと思いますが,看護師が患者さんに合わせたきめ細かい指導を致しますのでご安心ください.また,2020年11月25日より従来のシリンジ型(注射器型で自分で押す)から,針が見えず押し当てるだけで自動的に注射ができるペン型オートインジェクターに進化しましたので,より怖くなく注射ができるようになりました.この辺の状況もお話しできると思います.

注射代の自己負担は3割負担ですと年間約50万円かかりますが,高額療養費制度や付加給付を使えば,入っておられる健康保険と年収によりますが,めやすとして約1/4から1/3に抑えられる方が大部分です(詳細は診察時にご説明いたします).また確定申告で医療費控除を受けることもできます.

アトピー性皮膚炎の治療はこの2年間で大きく変わりました,昨年6月からはJAK阻害薬(デルゴシチニブ)の外用薬,コレクチム軟膏が発売され,ステロイドではない外用薬として注目されています.

また2020年12月には新しいJAK阻害薬(バリシチニブ)の内服薬,オルミエントも使えるようになりました.処方に当たっては日本皮膚科学会への届出が必要ですが,当院は既に受理され,処方開始しています.適応の要件,薬剤費はデュピクセントとほぼ同じです.患者さんのご様子に合わせた治療選択肢が拡がっています.注射が苦手の方はご検討ください.是非,アトピーカフェで最新治療の詳細を学んでください.お待ちしております.

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME