メニュー

じんましん

じんましん

じんましん

じんましんは蚊に刺されたような,境界がはっきりした赤い平らな盛り上がりで,中央部が消えて輪状になって広がることもあります.1日以内にその場所は自然に消えます.ほかの場所にも出て,ご本人としては出っぱなしと感じられるかもしれません.ペンなどでマーキングしておくと,消えていくのが確認できます.1日以内に消えるというのが,じんましんと診断する上で最も大切な点です.スマホで写真を取ってこられる方が増えてきて,診断に大変役立ちます.

1日以上同じ場所に持続する場合は,通常のじんましんではなく,多形慢性痒疹,蕁麻疹様紅斑,多形紅斑,薬疹,膠原病など多くの疾患を考えて鑑別する必要があります.

実は原因がはっきりしたじんましんはとても少ないのです。実際95%以上は「特発性じんましん」という原因が特定できない慢性的なじんましんです。食べ物、飲んでいるお薬、感染症,寒暖・光線の影響などをていねいにお聴きしても、特別関係しそうな原因が見つからない場合、いわゆるアレルギー検査をしても無駄なことが多いのです。

しかし、このような特発性じんましんは、きちんと抗ヒスタミン薬を内服することで、ほぼ抑えることができます。最近は抗ヒスタミン薬が効果不十分なときは、他の薬に変えるのではなく、内服量を増量することで効果が得られることがわかってきました。一定量の抗ヒスタミン薬を継続して内服していないと、すぐに再発する患者さんも時におられますが、大多数のじんましんは、「出なくてもしっかり2週間内服」することで、その後は出なくなります。当院では日本皮膚科学会「蕁麻疹診療ガイドライン」に則って、治療方針をわかりやすくご説明します。

最近,新しい抗ヒスタミン薬も登場し,1日1回内服で,効果があり,眠気がないタイプが増えていますので,これまでの治療をお聞きした上で,状況にあった適切な抗ヒスタミン薬を処方します.

極めて難治な慢性じんましんの治療薬として,抗IgEモノクローナル抗体製剤のオマリズマブ(ゾレア®)という注射薬が最近登場しました.高価なことと大学病院などの専門施設での投与に限定されています.ご希望の方は紹介状をお書きします.

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME