メニュー

縫合が必要な傷(切創)

 まず、ガーゼ、タオルなどで圧迫止血しながら、すぐに受診して下さい。水道水で汚れを流すことは構いませんが,消毒,外用薬は使用せず,キズパワーパッドも本来は数日間剥さないことが前提の保護材ですので,貼らないでおいで下さい.

傷の程度を拝見して治療方針を立てます.ご来院時,看護師がまず拝見して,急を要する場合は優先的に診察し,処置致しますので,出血が止まらない場合などはお申し出ください.局所麻酔をした上で必要であれば、縫い跡が目立ちにくい細いナイロン糸で縫合します。傷が浅い場合や縫合が適さない場合(咬傷など)は,創傷保護材で保存的に治療します.

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME